月別アーカイブ: 12月 2018

冬至の夕日と朝日

平成30年もあとわずか!! 平成最後の年末なのですね。本当に、色々ありましたね。ただここにいられる幸せを喜びたいと思います。 今朝と書こうとしたら、「袈裟(けさ)」と変換され、さすがお寺のパソコン!と我ながら感心しました。 話しが逸れました。 今朝、近所のホームセンターに言ったら、駐車場が混み合い、駐車整理の警備員さんがいたのにはビックリしました。 皆さん、新年を迎える準備にいそしんでいらっしゃる様子でした。 さて、冬至から一週間が過ぎました。心なしか、日が伸びてきたような気がします。 大地に閉じこもった冷えのせいで、この2か月ほどは寒さが続くそうですね(天気予報士さん談)。 さてさて、毎年恒例になった向島岩屋山(世間を騒がせた方が近くで潜伏していたそうです)の岩の割れ目の夕日を拝んで参りました。 今年は賛同して下さったお仲間も一緒。ザ・蓮華寺ガールズです! あいにく雲がかかっていましたが、美しい夕日が姿を現してくれた時には、ああ、冬至を境にまた太陽のエネルギーが復活していくんだなという安心感を得たのでした。 日本書紀の天照大神の岩戸の隠れと復活は、冬至を象徴しているという説もあるそうです(日蝕という説も)。 実際、割れ目の下方には、立派な岩戸がありました。 岩屋山は日本人の宗教観が現れている場所なのでしょうか。 次の朝は、千光寺にて、岩屋山から昇る朝日を拝みました。 光線が本堂の御本尊様の扉に当たるのです。計算しつくされているのでしょうか。不思議です。 子供たちも楽しんでついてきてくれました(ほっ)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

先日の瞑想会 モンキーセンター

先日の瞑想会の様子です。 紅葉の絨毯が美しかったです。 瞑想会直後、お寺の若奥様が実家のお母様とたまたま訪問してくださり、にわかに賑やかな昼食会となりました。 お手製のおつけものも差し入れて下さり、ヤマカケとろろご飯も一層美味しくなりました♪ この週末、結婚式に参列しました。 夫のいとこの息子さんで、年賀状でお顔を拝見していただけで、実際お会いするのは初めてでした。 お仕事も一生懸命されている様子、誠実そうな好青年でした。披露宴も新郎新婦、ご両親、兄弟姉妹が一丸となって取り組んでいらっしゃいました。(最後のドレスは新婦さんのお母様の手作りでした) 新郎は最後のスピーチで、 「○子さんのお父さん、お母さん、今まで○子さんを大切に育てて下さってありがとうございました。これからは僕が○子さんをさらに幸せにします!」 と宣言していました。 会場からは 「よう言った!」との声が。 私は縁に従い、超ジミ婚でしたが、こういう伝統的な挙式、わが子たちに開いてあげたいと思ったのでした。 小学校3年息子は宿題の日記に 「僕も将来あんな結婚式を開きたいです」 と書いていました。 いやあ素晴らしい。 ちなみに小学校1年の娘は日記に 「きれいなふくがきられて良かったです」 あれ、それがポイント? 自分が主人公なのですね。トホホ。 翌日は夫の希望により、犬山のモンキーセンターに行ってきました。 お猿さんも色々なのですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ