姿かたちはさまさざまでも

大阪北部地震から10日経ちました。皆様お変わりありませんか?
知り合いのお寺さんで、吹田市の方は、新聞報道では取り上げられていないのですが、、、震源地の近くなので、突き上げの後、すぐに激しい横揺れがきたそうです。
「震度五強というよりは、震度六くらいじゃないですかね」と。
お寺の瓦がかなり落ちたり、ガラスはヒビが入ったりと、、、しばらく復旧に時間がかかるとのことでした。無事復旧を願います。

一昨日は、富山市で男が発砲事件を起こしました。
胸を痛めます。だれしも社会に不満を募らせる面はあることはあるでしょうが、それを違う形で発散させ気を紛らわせているのではないでしょうか?
何か手立てはないでしょうか。

さて、今日は旧暦の5月15日。お大師様のお言葉が詰まった「日めくり遍路」(竹内信夫編、解説)カレンダーのお言葉を紹介します♪

15日
姿かたちはさまざまでも、いのちあるすべてが、ひとしく仏性に照らされて、
一つの大いなる乗り物に乗っている。

毛鱗(もうりん)角冠(かくかん)蹄履(ていり)尾裙(びくん)、有情(うじょう)非情(ひじょう)動物植物
同じく平等の仏性(ぶっしょう)を鑑(かんが)みて、
忽(たちま)ちに不二の大衍(だいえん)を鉦せん。
『性霊集』弘仁六年十月十五日

すべてのいのちは大いなる乗り物に乗っている。。。。心にとどめたい。信じて生きていきたいです。

15日は満月でもあります。インド伝来の行事、布薩(ふさつ)とは、新月と満月に合わせ、「戒律強化」「懺悔告白」が行われます。
その伝統行事もすたれてしまいましたが、戒律に関する梵網経(ぼんもうきょう)を唱え、戒律をいつもより意識することをしております。

jisui の紹介

蓮華寺住職の長女として生まれる。大学卒業後、塾講師、学校教諭(英語)を経て高野山尼僧学院にて修行。金剛流御詠歌教師。高野山阿字観指導者。主婦業、育児をしながら壇務をし、月に一度高野山で仏教の勉強をしている。趣味は旅行。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。