東に満月 西に夕日

昨日は旧暦の12月15日でした。
梵網経(ぼんもうきょう。戒律に関するお経)を唱えると、自分の中の怒りが軽減していくのを感じました。
旧暦の新月、満月、半月に合わせ、戒律を意識して、「あ~できていないなぁ。反省。反省」と振り返っております。
「怒り」は本当に些細な事で起こりますね。
でも、鎮まってしまえば、相手にもそうなる理由があるのだろう。それを変えようと努力するより、自分で発想を転換していく方が幸せの早道のような気がします。

さて、今日は旧暦16日。
ではありますが、天文上は満月です。

夕方六時、時の鐘をついた時、東には大きな満月が顔をのぞかせていました。
ラジオのニュースでも「今日は月が美しい」という投稿が紹介されていました。
美しい満月を多くの方々と共有できたのですね。

そして、西には夕日がまだ見ることができました。
日がずいぶん長くなりました。

蓮華寺は「西方院」という院号があります。
本尊は西方浄土を司る「阿弥陀如来」。

そう、蓮華寺は「西」に自信があります!
夕日、拝みに来てください。シルエットが美しいのです。(自己満足ですが、、、)

jisui の紹介

蓮華寺住職の長女として生まれる。大学卒業後、塾講師、学校教諭(英語)を経て高野山尼僧学院にて修行。金剛流御詠歌教師。高野山阿字観指導者。主婦業、育児をしながら壇務をし、月に一度高野山で仏教の勉強をしている。趣味は旅行。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。