巧みの技 京都から届きました!

本堂の前机が修復を経て京都から戻ってきました。
約80年前に奉納された前机に綻びが見られ、信用できる老舗仏具店に依頼しました。

すべて解体し、顔料と漆で塗り直しました。

彫刻を白い顔料で塗り、色彩を施す。
漆の上に金箔を張る。

半年ぶりに再会(?)した前机は見事に若返り、感動を覚えました。

顔料は特別な古色で、龍のヒゲは今回オリジナルに付け加えてもらいました。

この度、80年前の施主様のご子孫の方々にお願いしたところ、気持ちよく受けて下さいました。
「修復させてもらえるのは有り難い」
「当然のことをしたまでです」
というお言葉をいただきました。

合掌

jisui の紹介

蓮華寺住職の長女として生まれる。大学卒業後、塾講師、学校教諭(英語)を経て高野山尼僧学院にて修行。金剛流御詠歌教師。高野山阿字観指導者。主婦業、育児をしながら壇務をし、月に一度高野山で仏教の勉強をしている。趣味は旅行。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。