12月予定 一夜賢者の偈 今を一生懸命

すっかり季節が進みました。
昨夜の部分月蝕はご覧になりましたか?
満月なのに欠けているという現象だったそうですね。
近視、老眼が入り乱れた私はよく分からなかったのですが、美しい月でした。残念⁉️

コロナ、いよいよ福山上陸の様相です。
第一波、二波の教訓を活かしつつ健やかに過ごしたいものです。

さて、12月予定です。
感染予防に努めて行います。ただし、無理はされませんように。

12月7日(月)阿字観瞑想会
刹那を観じる瞑想
10時~11時
19時~20時
御志納料 五百円

16日(水) ご詠歌稽古と仏器磨き奉納
10時~12時くらい
御志納料 五百円
仏器磨きは廊下で行います。

21日(月) 弘法大師報恩謝徳 清掃奉仕
7時~8時

28日(月) 不動尊御護摩
10時~11時

31日(木) 除夜の鐘つき
干支福鈴お接待(限定50個)

先日、ペットのインコが怪我をして調子がすぐれません。
放し飼いにして、子供が羽を踏んでしまったのです。
放し飼いにしなければ良かった。
もっと注意すれば良かったのに。。。
他にも過去を悔やんだり、将来の不安を抱いたりの連続です。
そんな時、お釈迦様の言葉に出会いました。

一夜賢者の偈

過ぎ去れることを追うことなかれ。

いまだ来たらざることを念うことなかれ。

過去、そはすでに捨てられたり。

未来、そはいまだ到らざるなり。

されば、ただ現在するところのものを、

そのところにおいてよく観察すべし。

揺らぐことなく、動ずることなく、

そを見きわめ、そを実践すべし。

ただ今日まさに作すべきことを熱心になせ。

たれか明日死のあることを知らんや。

まことに、かの死の大軍と、

遭わずというは、あることなし。

よくかくのごとく見きわめたるものは、

心をこめ、昼夜おこたることなく実践せよ。

かくのごときを、一夜賢者といい、

また、心しずまれる者とはいうなり。

増谷文雄 訳

jisui の紹介

蓮華寺副住職。住職の長女として生まれる。大学卒業後、塾講師、学校教諭(英語)を経て高野山尼僧学院にて修行。金剛流御詠歌教師。高野山阿字観指導者。主婦業、育児をしながら壇務をし、月に一度高野山で仏教の勉強をしている。趣味は旅行。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。