除夜の鐘撞き 迎春に向けて  一秒で

鬼という 自覚なけれど タッチせず
影踏むような コミュニケーション

逃げられて いるのだろうか 鬼ごっこ
誰が鬼だか わからぬままに

(俵万智の短歌)

こんにちは。感染拡大に歯止めがかかりませんね。
いかがお過ごしでしょうか?

引き続き、マスク着用、手洗い、適度な距離などできることはやっていきたいですね。

さて、いよいよ令和2年、2020も残す所数日となりました。
皆様、迎春の準備にいそしんでいらっしゃることでしょう。

蓮華寺でも、仏器磨き、掃除奉仕、有志の方々が協力してくださいました。

ピカピカの仏器で行法(ぎょうぼう:仏様の前で皆様の幸せを祈る、仏と一体となる行)すると本当に有難く感じます。
西坂墓苑、境内では気持ちよく清掃していただきました。
感謝感謝です。

清掃の日に、たまたま訪問した信者さんが
「蓮華寺さんはとってもきれいにされているんですね!!すごいです!!」
と、ビックリされていました。
(「あ、たまたま清掃奉仕の日だったので綺麗なのですよ」と言い訳をしようと思いましたが・・・)

掃除できれいに整った境内は、訪れた人の心をも整えてくれるのでしょうか。
掃除の功徳の甚深なることを感じました。

一秒で 平和になれる わらい声

最後に、うちの娘(小学三年生)が学校の授業で詠んだ標語を紹介します。
親バカですが、子供らしくて、コロナ感染拡大で緊張している空気を和ませてくれるような気持ちになります。

コロナ感染に関して、うわさ、陰口、風評被害、怯えが起こります。
どうか、お互い許し合い、認めながら、励まし合いながら乗り越えていきましょう。
笑いがいつもありますように。

尚、恒例の除夜の鐘撞きはございます。
干支の福鈴授与あります。

感染防止の為、鐘撞きの前はアルコール消毒ご協力をお願いします。
焚火、飲み物接待はございません。大変申し訳ございません。

良いお年をお迎えください。


住職の為に、正面玄関にバリアフリー設備を設置することになりました。足腰の弱い檀信徒の方もご一緒にご利用ください。

jisui の紹介

蓮華寺副住職。住職の長女として生まれる。大学卒業後、塾講師、学校教諭(英語)を経て高野山尼僧学院にて修行。金剛流御詠歌教師。高野山阿字観指導者。主婦業、育児をしながら壇務をし、月に一度高野山で仏教の勉強をしている。趣味は旅行。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。