今年初の 命について 浄厳和尚

昨日は今年初の阿字観瞑想会でした。
参加者は少なかったですが、お一人ずつお話しを聞かせていただけました。

午前中は阿字について共に考えました。
阿字とは、すべてを包み込む森羅万象。命そのもの。
その阿字との一体感を感じます。

なかなか理屈では難しいですが、深めていけるのではないかと感じた昨日でした。

ところで、自坊には江戸時代前期に活躍されたレジェンド、浄厳和尚の名前が記入された聖経が残っています。
本物かどうかまず調べたいと願っています。


即身成仏に本気で取り組まれた偉大な方です。
この聖経について取り組んでいきたいと心新たにしました。

jisui の紹介

蓮華寺副住職。住職の長女として生まれる。大学卒業後、塾講師、学校教諭(英語)を経て高野山尼僧学院にて修行。金剛流御詠歌教師。高野山阿字観指導者。主婦業、育児をしながら壇務をし、月に一度高野山で仏教の勉強をしている。趣味は旅行。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。