古人の跡を求めず、古人の求めしところを求めよ

『芭蕉の名句・名言』(日本文芸社)に質問内容の言葉への言及がある。

それによると「先人たちの、遺業の形骸(ぬけがら)を追い求めるのではなく、その古人の理想としたところを求めなさい」と解釈され、
もともとは空海の『性霊集』にある
「書亦古意ニ擬スルヲ以テ善シト為シ、古跡ニ似ルヲ以テ巧ト為サズ」
に拠った言葉であると説明がある。

空海の原典については「日本古典文学本文データベース」で「性霊集」の本文をテキスト検索したところ、

「遍照発揮性霊集」の「巻第三」にある「勅賜の屏風を書し了つて即ち献ずる表」に該当箇所が確認できる。

国立国会図書館のQAより引用

jisui の紹介

蓮華寺副住職。住職の長女として生まれる。大学卒業後、塾講師、学校教諭(英語)を経て高野山尼僧学院にて修行。金剛流御詠歌教師。高野山阿字観指導者。主婦業、育児をしながら壇務をし、月に一度高野山で仏教の勉強をしている。趣味は旅行。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。