カテゴリー別アーカイブ: 未分類

山口県文書館 中秋の名月瞑想会

9月10日の中秋の名月、みなさんは鑑賞することができましたか? 毎年曇り空で満月を愛でられないですね、と参加者の方々とお話しをしました。 満月を見ることができず残念な思いを抱いたのは、私達だけではなかったようです。 名月や 北国日和 定めなし               芭蕉 ただ、その前日、つまり中秋の名月の前夜、宿の主人に勧められ、芭蕉は氣比神宮にて美しい月を愛でることができたようです。 (今日、氣比神宮様と少しご縁ができました!いつかご報告いたします) その2日前、山口県文書館にて萩藩の参勤交代記録を調査し、蓮華寺が休憩のために利用された記録をさらに2例見つけることができました! パチパチパチ〜(拍手) 【概要】 9月8日 9時〜17時 山口県文書館(山口市) 調査ご協力(有志)柳川真由美先生(福山大学人間文化学科准教授) 文政年間〜文久年間の約40年 約110冊の萩藩の参勤及び下向記録 萩〜江戸まで約40日 約1週間で尾道(宿泊)→今津、赤坂(休憩)→神辺(昼休み)→矢掛(宿泊)というルートを辿るのが通常の行程であったようだ。 もちろんこれはすべての記録のごく一部ですが、蓮華寺が脇本陣としての機能を果たしていたという根拠になると考えられます。 蓮華寺通信にて詳しくご報告したいです。 (もちろん、山口名物外郎(ういろう)をお持ち帰りしたのは言うまでもありません)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

9月行事予定

大変遅くなりましたが、9月の行事予定です。 宗派にかかわらずお気軽にご参加ください。 7日(水)御詠歌稽古 10時~11時 ご志納料 500円 10日(土) 中秋の名月・月輪観(がちりんかん)瞑想会 19時~20時 ご志納料 500円 心の中に満月を思い浮かべます。満月すなわち我が仏の心。 今年はいつもと違うお月見団子です!念のため参加の場合は連絡お願いします。 21日(水)清掃奉仕 7時~8時 (9月より7時~) 28日(水) 不動尊御護摩(おごま)祈祷(きとう) 10時~11時 施餓鬼法要の様子

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

施餓鬼法要 無事修行いたしました

こんにちは。皆様いかがお過ごしでしょうか? 九州地方で台風の被害に遭われている方々には心よりお見舞い申し上げます。 ご報告遅くなりましたが、8月27日(土)の施餓鬼法要が無事に修行することができました。 この世からの旅立ち、お別れ、それは避けることはできません。 とはいえ、一人で乗り越えるには寂しく厳しいものがあります。 同じ道場でその悲しみを分かち合い、亡き方の冥福を祈ることで、私たちは安らかな来世を心に描くことができるのではないでしょうか。 尚、準備、当日の運営、後片付けでは役員さんに大変お世話になりました。 また、多数の塔婆申込、ご浄財奉納ありがとうございました。 改めてお礼申し上げます。 法要の様子 追弔和讃もお唱えしました。 塔婆を供養する様子 お地蔵様の流水にて灌頂いたしました。 準備、片付けでは大変お世話になりました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

信は荘厳なり

27日、施餓鬼法要は無事に修行することができました。 関係するすべてのみなさまに感謝いたします。(当日の様子は改めてアップいたします。) 本日、本堂にて修復された常華と五具足が戻ってきました。 「信は荘厳(しょうごん)なり」 という言葉がぴったり合います。 素晴らしいお飾りが信仰心を表すと共に、信仰心がますます育まれる感覚を得ます。 尚、この修復は篤志の方々に奉納していただきました。誠に有難うございました。 また、京都の田中伊雅仏具店さんにて納めていただきました。 職人技に敬意を表します。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

施餓鬼法要は27日㈯ 一昨日は

お大師様の報恩日21日、一昨日は清掃奉仕でした。 4名の方々がお越し下さいました。 窓のサン、縁側拭き上げ、トイレ掃除等。 サッパリしました。 お大師様もお喜びだったことと思います。 ありがとうございました。 その後私は福山南部と今津町で法事がありました。 それぞれひ孫さんもいらっしゃり、穏やかな晩年を過ごされたようです。 ただ、コロナ禍で最後を迎えられたので、なかなか面会もままならず、双方寂しかったこともあったかもしれませんね。 ただ、亡くなってからもこの世と繋がっていると考えれば、供養は意義深いものとなるのだと感じました。 私も精一杯お勤めしました。 さて、8月27日㈯は施餓鬼法要です。 16時〜受付 塔婆流水灌浄 17時〜施餓鬼法要 18時頃 終了予定 コロナ禍ではありますが、心のこもった法要をいたしたいと願っています。 みなさまのお越しをお待ちしています。 塔婆供養受付中 経木塔婆 500円 板塔婆  2000円

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

あーりがとー 〃 感謝しようー

むかし、というほど遠い昔ではないヒットソングにブログのタイトルをリフレインする曲がヒットしました。 (まどろこしくてすみません) お盆づとめの最中に、境内のお地蔵様の笠を替えてくれた方がいらっしゃいました。人知れず。 蓮華寺西坂墓苑の永代供養塔をサッパリとして下さった方がいらっしゃいました。人知れず。 (こちらの写真は、納骨堂です) 感謝の意を込めて替歌 笠替えてくれて どうもありがとう 永代供養塔 掃除してくれて どうもありがとう あーりがとー  あーりがとー  感謝します~ ♪ 合掌

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

送り火 秋よ来い!?

8月16日、息子の友達と共に、精霊を送り出しました。 内庭のもみじ。ごく一部が色づき始めた 模様です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

本日で終了 最後のお言葉

本日8月15日をもって全お盆づとめを終了しました。 お世話になったすべての檀家様に感謝いたします。 コロナなどの都合で託して下さった方々の為には、本尊阿弥陀如来及び不動尊の御前にて供養させていただきました。 (永代供養の各霊の供養も共に) 嬉しい出来事、哀しい出来事も共有させていただきました。 先日、20歳で終戦を迎えた亡き母上の思い出も聞きました。 広島の中心部で勤めていたその女性は、広島に直に爆撃が投下されるだろうと父親に説得されて福山に帰りました。 その数日後に原爆が投下されたということです。お母様は戦争について口を固く閉ざしていたそうです。 しかし、そのような影の部分を感じさせないほど、何にでも積極的な人柄であったそうです。 そのお母様は、この世は移ろいゆくことを身に沁みて理解されていたことでしょう。 私は釈尊の最後のお言葉を思い出しました。 「この世は移ろいゆく。だからこそ励め」 この世は移ろいゆく、だから努力してもムダなのだ、ではなく、前向きに取り組んでいきなさい、と。 前向きに人生を楽しんでいらっしゃった女性から、さまざまなことを考えさせられました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

井戸 飲用適合

皆様、残暑見舞い申し上げます。 連日の猛暑日。いかがお過ごしでしょうか? 私は7月下旬からお盆づとめモードに入っています。 弁当を作り、朝食を作り、水筒にお茶を入れ、洗濯物を干して、拝んで拝んで拝んで、夕飯を作り、アポを取って、食器を洗い、洗濯物をたたみ、 泥のように寝る という日々です。 檀家さんとのお話しは大切なひとときです。 しかし、、、やることが残っています。。。 1660031893459 ↑井戸の奥の動画です。 さて、初夏に井戸の清掃をしてもらいました。 そして、16項目の検査で「飲用適合」の結果が出ました! めでたいです。 石枠の井戸で、きっと江戸時代からのものだと思います。 ボーリング業者さんからも、格好いい井戸であるとお褒めいただきました。 最近家族3人分の水筒のお茶出しをするにあたり、5リットルやかんで煮出します。その後井戸水をチョロチョロ出して冷やしています。お茶にはもちろん井戸水を使っています。味の違いは分からないのですが、なんだかクリアな味わいが! あるような。。。 井戸水飲用適合、 お盆づとめの合間の嬉しいニュースでした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

不将不迎 ある出会いによって叶った

6月はのんびりする月、ということで、川のほとりのちいさなギャラリーに行った時のこと。 「不将不迎」というレリーフに出会いました。 いろいろな作品が展示されていた中、その言葉が目に入ってきたのです。 訓読みは「おくらずむかえず」 荘子の言葉で、意味は「過去についてくよくよ考えず、未来に関して思い悩まない」ということだそうです。 今を大切に生きていく。仏教的にもその通りだと思います。 ただ、分かっていても思い悩むことはたくさんありますよね。 しかも、根本的な悩みというものは、自身の色々な言動や思考に影響します。 その悩みをある方に聞いて頂きました。 引き受ける側も、それなりの覚悟があられたと思います。 その時、その方の辛い経験もお話ししてくださいました。 まさに「同事(どうじ)」であり、「慈悲」の「悲」と感じました。 相手の苦しみを取り除くのは、難しい理論ではなかったのです。 同じように苦しい体験を分かつ。 最後にこのように言ってくださいました。 「なるようになる。なるようにしかならないんですよ」 その時、「不将不迎」という状態に一歩近づけたような気がしました。 根本的悩みが和らいでこその「不将不迎」ではなかろうかと。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ