カテゴリー別アーカイブ: 未分類

7月の予定

皆さま、こんにちは❗ 暑いですね。マスクが大変な季節に突入、2回目のザ、夏ですね❗ 昨日参加者の方々の読経のなか、護摩を焚きました。 迷いを燃やし尽くしていただける御護摩。涙を流す方もいらっしゃいました。 さて、7月の予定です。 7月6日(月)阿字観瞑想会 ①10時~11時 ②19時~20時 御志納料 500円 7月14日(水) ご詠歌稽古 10時~11時 御志納料 500円 7月21日(水) 清掃奉仕 6時~7時 飲み物のお接待あります 7月28日(水) 御護摩祈祷 10時~11時 護摩木 五百円 お盆勤め 7月~8月15日

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

菩提心(ぼだいしん)とは

皆様、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか? 今日は梅雨らしい天気です。 しとしとと。 道端のアジサイが和ませてくれますね。 今気づいたのですが、このブログが501回目です!パチパチパチ~。 今日18日は観音様のご縁日。 藤江の阿弥陀寺にて観音様のお勤めをしてまいりました。 祖父が盛んに信者活動をしておりましたが、今では私が一人で拝んでいます。 唐突ですが、、、 たとえ愛するものを傷つけたものでも仏になれるのだ。 と、考えることはできるでしょうか? 昨日、今日とオンラインで「菩提心論」についての講義を受けました。 お大師様が、弟子たちに必ず勉強しなさいと言われた「菩提心論」。 菩提心を起こすと、悟りに入ることができるといわれるほど、密教では菩提心を大切にし、考察が深められています。 先日も「『菩提心』とは何ですか?」という質問を得たばかりです。 私は「すべてのものが備え持っている『仏の心』そして『悟りを求める心』です」とお答えしたばかりでした。 講義を私なりにまとめてみると、、、 菩提心とは ①勝義(しょうぎ)→「知恵」(自利)すべてのものは「空」(実体がない)→自分の枠を超え、こだわりから解放される ②行願(ぎょうがん)→「慈悲」(利他)生きとし生けるものは必ず仏となれると信じ、苦しみから解放するお手伝いをする ③三摩地(さんまじ)→(密教の)「瞑想」仏と一体化する瞑想法に励む の三つによって成り立っている、と。 今度「菩提心」とは何ですか? と尋ねられたら、 「生きとし生けるものは仏になれると信じる心、あきらめない心」と言ってみたいです。 その考えに達し、実行できるためには、たゆまぬ努力が必要なのだと改めて思い知ったのです。 お大師様は、真言行者とはどうあるべきなのか?という道筋を示してくださっているのですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

邪見 徳 出演なるか?

先日の瞑想会では、「マスクを外して ソーシャルディスタンス禅」を目指して、ガラス戸を全開していたら、 法話の途中、途中大きなスズメバチが迷い込んで、一時中断。 ということもありました。 怒涛の4月、5月を終えて、毎年6月はのんびりとしています。 (梅雨で偏頭痛が起こる時もあるのですが) そういう時は読書ができるのでよいですね。 映画も良く見に言っているのですが、ちょっと見たいなぁと思うものが今はなくて。。。 最近、岡村圭真著『慈雲尊者 その生涯と思想』を読んでいます。 慈雲尊者とは、真言宗の僧侶の間では有名ですが、一般で知っている人は少ないかもしれません。 江戸中期に活躍した、「日本の小釈迦」と称された、お釈迦様の説かれたように活動された尊者です。 (慈雲尊者のお姿 wikipediaより) 皆さんも、感じているかもしれませんね。 「え!?お坊さんって結婚していいの?」 「え!?お坊さんってお肉食べていいの?」 「お釈迦様の時代は、お坊さんは、お肉食べないし、結婚もしなかったんでは???」 江戸時代まで、一部の集団を除いて、僧侶は結婚が禁じられていましたし、基本的に肉魚は食べてないものでした。 それらは「律」=僧侶として守るべき項目の一つです。 とはいえ、お釈迦様の時代の時の律(およそ250項目。女性の僧侶は350項目)は厳格に行われていないのが実情でした。 そんな中、日本の歴史では鎌倉時代や江戸時代に戒律復興運動が盛り上がります。 慈雲尊者はそのような盛り上がりを見せていた時流の中で、真言僧侶として、いや真言という枠を超えて、「お釈迦様に還ろう」と実践した方でした。(まだ勉強中ですが) (ちなみに、明治以降、「僧侶は妻帯して、肉を食べなさい」というお達しが政府から降りて、寺は家族で運営されるようになりました。 なぜこのようになったのか、詳しく私は分かりません。僧侶の方々は、自己矛盾で苦しまなかったのでしょうか?現在でもなるべく「律」を守る僧侶の方もおられます。世俗的な生活と非世俗のバランスを取っている方々も) さて、そのようなレジェンド的な慈雲尊者ですが、小さな頃は頭が良すぎて、「来世のことを説いたり、地獄で人を脅すなんて、仏教は馬鹿げている!」と憎んでいたそうです。父の遺言で、不承不承ながら真言宗のお寺で得度をし、修行を深めていくうちに、少し賢いからと仏教を見下げていたのは「邪見」だと悔い改めたといいます。 そう、頭が良い方にも苦悩があるのだなと実感しました。 頭が良いとすぐに信に入ることができない、という苦悩があるのだと感じました。 (慈雲尊者の書 早稲田大学HPより) ところで最近「徳」とは何かと感じる場面に出くわしました。 現在は「お金」が様々な尺度になっています。 「お金」で生活様式、人への接し方が変わることも多いでしょう。 しかし、お釈迦様は「お金は火で燃えますが、徳は火で燃えません」と仰っているように、 どんな場面に遭遇しても、徳を失うことはしたくないと改めて誓ったのでした。 最後に、骨董品などを鑑定するある民放テレビの人気番組に、鑑定を依頼しました。 一年以内に出演しなければ、採用されなかったのだと思ってください。(笑)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

6月予定

先日、きれいなお花をお供えしていただきました! 皆様、こんにちは。 梅雨の晴れ間、気持ち良いですね。 昨日、Nスペで、東大寺にて千三百年に渡り行われている修二会(しゅにえ)の様子を拝見しました。 私達の過ちも償っていただいているのだと再確認できました。 人間世界に生まれると、楽しいことばかりでなく、悲しいこと思い通りにならぬこともたくさんありますね。 だからこそ、美しい世界へ心が向かっていくのだと。 改めて感じられました。 さて、6月の行事予定です。 6月7日(月) 阿字観瞑想会 10時~11時 19時~20時 御志納 五百円 ゆったりした服装でお越しください 6月16日(水) ご詠歌稽古 10時~11時 御志納 五百円 6月21日(月) 清掃奉仕 6時~7時 6月28日(月) 不動尊御護摩 10時~11時 添え護摩 五百円

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

一滴深広海

昨日は21日。お大師様のご縁日。 清掃奉仕の日でした。 雨が途中で降ったりと、不安定な天気の中、三名の方が来て下さいました。 廊下やサッシを拭いたり、雑草を抜いたり、掃除機をかけて下さったり。 本当にありがたいです。 また、先日の法事では、蓮華寺が無住職時代に、一生懸命草取りや留守番をしてくださっていた方のお話しを聞きました。 戦後間もなくのことです。 歴史には大々的に残らないかもしれないけれど、多くの方々の善意によってお寺は存続できているのだとつくづく感じます。 まさに、お大師様が言われた 「雨粒のような小さな一滴が広い海を深くする」の世界でしょうか。 ところで、先日の草刈が祟ったか。 はたまた、久しぶりに筋トレをしたのが祟ったのか。 ぎっくり腰モドキになってしまいました。 もう今までの体のように、無理は禁物。 回復したら、スローモードで体を鍛えようと思います。 ところでところで、只今、ワクワクすることを企画中なのです。 また改めてご報告します。(そんなのばっかりですね 苦笑 でも、ワクワクが私のエネルギー源なのです)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

「心」 熊野観心十界曼荼羅

熊野観心十界曼荼羅 (くまのかんしんじっかいまんだら) の複製を額に納めてもらいました! 仏の世界も地獄の世界も私の心のなかで繋がっている。 のであれば、心を通じて地獄からの救済も可能である。 説明文は西谷克先生の論文を引用させていただきました。 訪れた方々に何か感じ取ってもらえたら、と願います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

昨日は瞑想会でした

昨日は瞑想会でした。 ソーシャルディスタンス、換気等の感染予防に務め、実施しました。 この1ヶ月、福山市はコロナ警戒レベルステージ3に入り、公的施設や活動が中止もしくは制限されます。 瞑想後のお茶タイムは、お茶持ち帰りとしました。 戸惑い。 揺るぎ。 不安。 苦しみ。 など それぞれにお持ちのようでした。 そんな中、同じ座で心を鎮める場を持てたことは幸いでした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

土砂加持の様子 5月の行事予定

今日は少し肌寒い一日だったような気がします。 気がする、というのは、午後から懸案の草刈作業を2時間ほどしたので、汗びっしょりになったからです。 昨今、家事が自動化し、男だから女だからという垣根が低くなったということを耳にしますが、 草刈り機も相当軽量化し、女性でも十分使いこなせると思います。 昔の重労働も、重労働でなくなってきている、ということでしょうか。 にしても、やはりちょっぴり疲れます。 さて、土砂加持法要の様子の続きです。 役員さんが、消えたデータを復元してくださったのです!! 復元ありがとうございました!! 幻の名場面をどうぞ!? 光明真言の功徳による塔婆供養 法要後、土砂配布 涅槃図に関する法話 皆様、一生懸命耳を傾けてくださいました。 感謝感謝です。 お供えの功徳者名はいつも南の廊下に貼り出しています。 福山市はコロナ感染警戒レベルを引き上げ、色々な影響が出てくるようです。 公民館活動も今月いっぱいは活動停止だそうです。 皆様、工夫しつつ、心身共に健やかにお過ごしください。コロナ禍無事終息、ワクチン早期接種をお祈り申し上げます。 5月の行事は 予定通りしますが、心配な方、体調不良の方はご無理なさらず欠席してください。 9日(月)瞑想会 10時~11時          19時~20時 19日(水)ご詠歌 10時~11時 21日(金)6時~7時 報恩清掃 不動尊御護摩は28日(金)10時~を予定していますが、変更する場合もありますので、問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

一般公開の様子

おかげさまで、涅槃図修復記念 一般公開を無事終了することができました。 コロナであらわになった「移ろいやすい」この世で、 二千年以上受け継がれているお釈迦様の教え、 250年の時を経て蘇った涅槃図に触れ、 何か感じるところがあれば幸甚です。 関係するすべての方々にお礼申し上げます。 ありがとうございました! (予約制による人数制限、出入時の消毒、マスク着用、検温、換気、30分のお話 を実施しました) 毎日新聞より 中国新聞より

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

土砂加持法要でした  申し込み状況

今日はあいにくの雨でした。 が、これは恵みの雨だと感じました。 コロナのことを考えると、湿り気がある方が、ウィルスの飛沫力は低くなる、 雨が降ると、足が遠のきやすい→ソーシャルディスタンスが保てる。 と、前向きに考えるようにしました。 役員の皆さんは一生懸命、準備をして下さり、当日も役目を果たしてくださいました。 お越しになった方々も、気持ちよくお参りをして下さいました。 お寺様も、お忙しい中法要に出仕してくださいました。 涅槃図の前にて読経供養をしていただきました。 マスク着用での理趣経中曲は大変だったと思います。お疲れ様でした。。。 申し込んでいただいた塔婆は、光明真言の功徳によって供養させていただきました。 本当に、功徳甚深でございました。 そして、、、何より、、、修復された釈迦涅槃図を、皆様に祝福していただいたこと、 涅槃図の心、技を皆様と共有できたことが感激でした。 お世話になった皆様、ありがとうございました。 (法話の時の写真は、アクシデントにより消滅いたしました。。。) 追伸 一般公開の申し込み状況は、5月1日(土)午後2時~ 満席  午後3時半~ あと3席                 5月2日(日)午後2時~ あと1席 午後3時半~あと3席 となっております。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ